みゆき店

展覧会のお知らせ

永青文庫「心のふるさと良寛」展のお知らせ

2018.04.19 up

永青文庫 平成30年春季展
「生誕260年記念 心のふるさと良寛」


心のふるさと良寛 ちらし 表.jpg
会期:2018年4月21日(土)~7月11日(水)
  前期:4月21日(土)~5月27日(日) 壮年期を中心として 
  後期:5月30日(水)~7月11日(水) 晩年を中心として

※前・後期で大幅な展示替をいたします。 
※5/29(火)は展示替のため休館いたします。

休館日:月曜日(祝日の場合は開館、翌日休館)、5/29(火)

開館時間:10:00~16:30(入館は16:00まで)


この度永青文庫で開催されます「心のふるさと良寛」展のお知らせです。
東京では17年ぶりとなる大規模な良寛展。
良寛遺墨の蒐集・研究をライフワークとしている万葉洞店主 関谷徳衛が全面的にご協力しております。
前後期で大幅な展示替を行い、およそ100点の作品から良寛の魅力に迫ります。
ぜひこの機会にご高覧ください。

詳細につきましては、永青文庫様のサイトをご覧ください。



『良寛遺墨集』ケース.jpg
永青文庫「心のふるさと良寛」展の出品作品をほぼ網羅した「良寛遺墨集」も好評発売中です。

「良寛遺墨集 全三巻 ― その人と書」(淡交社)
泉田玉堂/序
小島正芳/執筆
関谷徳衛/企画・編集

A4判変型 総464頁(1巻カラー156頁・2巻カラー100頁・3巻カラー8頁 モノクロ200頁)
価格:17,280円(税込)

本書では、新出作品を含む漢詩や和歌の書・書簡・屏風などを中心に、ゆかりの人々の作品も入れた150余点を紹介、釈文をつけて解説するとともに、良寛の生い立ちや事蹟について遺墨を通して解明する、最新の研究成果を収録しています。また、年譜や関係者一覧などの付録も充実。

エーテルジュエリー展 2018 (5/23~5/27)

2018.04.19 up

Ether Jewelry Exhibition 2018


P1.jpg

会期:2018年5月23日(水)~5月27日(日)
10:00~18:00
25日(金)は画廊の夜会に参加のため21:00まで営業
会期中無休・作家在廊



新緑の美しい頃となりました。
皆様にはお変りなくお過ごしの事と、お慶び申し上げます。

早いものでエーテルジュエリー展も6回目を迎えます。
これも偏に皆様のご支援によるものと感謝しております。

まだ志半ばの二人ではございますが作品には彼らなりのこだわりが宿ってきたように感じております。
これからも一層精進して、魅力溢れる作品を発表するよう努力していくことと存じます。
ご支援の程、宜しくお願い申し上げます。
       
関谷徳衛



謹啓 緑風のみぎり、皆様に於かれましては益々ご清祥の事とお喜び申し上げます。
今年もエーテルジュエリー展を開催する運びとなりました。
展示会も6回目を迎え、これも偏に皆様のご愛顧の賜物と感謝しております。
謹んで御礼申し上げます。

今回は、エーテルらしい緻密でありながら遊び心のあるモチーフから、日常でお使いいただけるシンプルで上質なお品物まで、様々なシーンで活躍してくれること間違いなしのジュエリーをご用意致しました。また、「絆」をテーマにした作品も新たにお作りしております。

ご多忙のところ恐縮ではございますが、是非会場にてお手に取ってご覧頂きたく、皆様のご来場を心よりお待ちしております。
謹白  

田村謙一 関谷晶子 

P2.jpg

P3.jpg

P4.jpg

P5.jpg

P6.jpg

P7.jpg

P8.jpg

P9.jpg

P10.jpg

中里太亀新作展2018 (2/2~2/6)

2018.01.23 up

中里太亀新作展

- 白化粧のしごと -

taki2018.jpg


本展覧会は終了いたしました。ご来場誠にありがとうございました。



会期:2018年2月2日(金)~6日(火)
10:00~18:30 会期中無休・作家在店

白泥をどっぷり掛けた"粉引"、刷毛で勢いよく塗りつけた"刷毛目"、印花文に白泥を埋めた"三島"、唐津焼で多用される白土を使った装飾は、朝鮮のやきものにルーツを餅、今でも好んで用いられています。
中里太亀さんの白化粧のうつわは、そんな伝統を受け継ぎながらも、もっと軽やかで洗練されています。
今回は白化粧のしごとを中心に、食器や酒器などの日常のうつわをご紹介します。

中里花子 陶展 『和モダン』 (6/2~6/5)

2017.05.10 up

中里花子 陶展
『和モダン』

hanako2017dm1.jpg




本展覧会は終了いたしました。ご来場誠にありがとうございました。



会期:2017年6月2日(金)~5日(月)
10:00~18:30 (6/5は18:00まで)
会期中無休
作家在廊予定日(6/2~6/4)



今回のテーマは『和』

鉢、向付、小鉢、酒器、茶器、花器、などなど、様々な質感や造形の

モダンな『和』の器たちをどうぞお楽しみください。

エーテルジュエリー展 2017 (5/24~28)

2017.05.08 up

Ether Jewelry Exhibition 2017


リーフレットura-1.jpg



本展覧会は終了いたしました。ご来場誠にありがとうございました。



会期:2017年5月24日(水)~5月28日(日)
10:00~18:00
26日(金)は画廊の夜会に参加のため21:00まで営業
会期中無休・作家在廊



新緑の美しい頃となりました。
皆様に於かれましては、お変わりなくお過ごしの事とお慶び申し上げます。
万葉洞でのジュエリー展も5回目を迎える運びとなりました。
これもひとえに皆様の温かいご支援のお陰と感謝しております。
まだまだ学ぶことが沢山ある二人ではございますが、
これからも力を合わせて頑張っていくことと思います。
今後ともどうぞ変わらぬご後援の程、宜しくお願い申し上げます。

万葉洞店主 関谷徳衛



謹啓 新緑の候、皆様におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
この度エーテルジュエリー展は5回目の開催を迎えました。
これも偏に皆様のご愛顧の賜物でございます。
謹んで御礼申し上げます。
5回目の今回は、杉原たみさん主宰のTammy's Treatsさんとのコラボレーションを試みております。
Tammy's Treatsさんの商品は全てフェアトレードで仕入れたものです。
ジュエリーは贅沢品であり生きていく上で必要な物ではありませんが、フェアトレードのアクセサリーとマッチングさせることで遠い異国のどなたかの助けになればと思い、今回のコラボレーションを企画しました。
とても風合いの良いお品物ですので、ぜひ会場にてお手に取って、身につけて頂けましたら幸いです。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。
敬具

田村謙一 関谷晶子

リーフレットura-2.jpg

リーフレットura-3.jpg

リーフレットura-4.jpg

リーフレットomote-3.jpg

リーフレットomote-2.jpg

リーフレットomote-4.jpg

挨拶状ura-3.jpg



挨拶状ura-4.jpg

中里太亀新作展2017 (2/3~2/7)

2017.01.16 up

中里太亀新作展2017
-茶器と酒器-

taki2017.jpg

会期:2017年2月3日(金)~7日(火)
10:00~18:30
会期中無休・作家在廊予定



本展覧会は終了いたしました。ご来場誠にありがとうございました。




今年の中里太亀展のテーマは茶器と酒器。お茶とお酒を楽しむ
ためのうつわが、いつもよりバリエーション豊かに登場します。
"茶器"は茶道具をはじめ、中国茶用の急須や茶杯、普段使いの
湯呑や土瓶など。"酒器"は、定番のぐい呑、徳利、片口のほか、
焼酎用のカップ、ウイスキーやテキーラなど洋酒用のカップも。
お茶菓子やおつまみにぴったりの食器も豊富です。
どうぞ会場でご覧ください。

中里隆 作陶展 2016 (11/18~22)

2016.11.16 up

中里隆 作陶展 2016



会期:2016年11月18日(金)~22日(火)
午前10時~午後6時半 会期中無休
会場:万葉洞みゆき店



本展覧会は終了いたしました。ご来場誠にありがとうございました。




 中里隆先生は来年傘寿を迎えられますが、制作意欲はまったく衰えることなく、この一年間も世界各地で作陶を続けられました。  その地の土と火で作られた作品は少しづつ表情を変えながらも、揺るぎない技で生み出された作品は、一目で隆先生の作だと分かる個性があります。  図録掲載作以外にも多数の作品を展示いたしますので、会場にてご高覧いただければ幸いです。



2 緑釉波文堤瓶

1 黒釉俵壺


3 焼〆扁壺


4 塩釉花入


5 テラシッジ筒花入


7 種子島砧花入

10 種子島茶碗


9 練り込みしのぎ文茶碗


7 唐津南蛮耳付水指


8 唐津絵粉引水指


12 斑唐津茶入


11 絵唐津茶入


14 唐津南蛮四方鉢


13 テラシッジ鉢


15 テラシッジ筋目鉢


16 錆朱しのぎ文鉢


17 種子島瓜形徳利
18 津絵刷毛目徳利
19塩釉瓢徳利

20 種子島片口
22 白磁しのぎ文片口
21 錆朱片口


28 焼〆ぐい呑
23 黄釉ぐい呑
26 塩釉ぐい呑
24 焼〆ぐい呑
27 青白磁ぐい呑


30 唐津絵粉引八角向附(5客)
29 唐津絵粉引向付(5客)


※作品はこの他にも多数ございます。ぜひご来店の上、ご高覧ください。

小山冨士夫 小山岑一 二人展 (10/6~10/13)

2016.10.03 up

古山子 小山冨士夫 小山岑一 二人展

IMG_5017.JPG

会期:2016年10月6日(木)~13日(木)
午前10時~午後6時 会期中無休
会場:万葉洞みゆき店




本展覧会は終了いたしました。ご来場誠にありがとうございました。




 古山子先生は十月七日がご命日、歿後四十一年。岑一先生は十年。時の過ぎ行くのは本当に早いものです。平成二十年三月から春と秋に遺作品を並べて偲ぶ会として二人展開催も十四回目となりました。

 去年六月、古山子南蛮作品(首里)を尋ねて沖縄・首里城近くの窯元新垣栄用、栄さん宅に伺い、お二人から一九七〇年頃作陶の折の思い出話を聞きました。栄用先生は今も元気で作陶されていました。その頃の良い土が入手出来なくなって首里窯(薪窯)は現在読谷村に移り、跡地は車庫に変わっていました。首里の作品は残念乍ら地元には残っていないと聞きました。

 偶々今春「首里」で作られた茶碗を入手。「冨二」山麓の砂の入った茶碗、晩年の粉引茶碗、鉄刷毛目茶碗など、書では「一行書」、「無事」、「花」、「蟹の歌」など展示します。短い会期ですが是非共ご高覧いただきたくお待ち申し上げます。

 最近古山子作品との出会いが少なくなり、いよいよこの会は暫くお休みにさせていただきます。

万葉洞




IMG_5101.JPG
 「壺」



IMG_5113.JPG
「流水」



IMG_5117.JPG
「明歴々」



IMG_5109.JPG
「戦去戦来」



IMG_5012.JPG
2 種子島壺



IMG_4997.JPG
3 花木扁壺 (種子島土)



IMG_5029.JPG
13 柿茶碗     18 粉引茶碗



IMG_5026.JPG
17 鉄刷毛目茶碗    23 唐津茶碗



IMG_5032.JPG
20 南蛮茶碗    21 冨士茶碗



IMG_5043.JPG
27 種子島茶碗 (花木窯)    26 種子島茶碗 (花木窯)



IMG_5054.JPG
酒器各種



IMG_5055.JPG
酒器各種



IMG_5065.JPG
湯呑各種



IMG_5035.JPG
岑一 紅毛茶碗

中里花子 陶展 (6/3~6/6)

2016.05.19 up

中里花子 陶展

hanako2016.jpeg

会期:2016年6月3日(金)~6日(月)
10:00~18:30 (6/6は18:00まで)
会期中無休・作家在廊予定



本展覧会は終了いたしました。ご来場誠にありがとうございました。




"ウロコ"シリーズ、掛分釉、Karatsu、ブルー皮鯨、貫入シリーズ

和でもあり、洋でもある

中里花子ならではの陶器の世界をお楽しみに

エーテルジュエリー展 2016 (5/25~29)

2016.05.12 up

Ether Jewelry Exhibition 2016

ether2016-02.jpg
会期:2016年5月25日(水)~5月29日(日)
10:00~18:00
27日(金)は画廊の夜会に参加のため21:00まで営業
会期中無休・作家在廊



本展覧会は終了いたしました。ご来場誠にありがとうございました。




新緑の美しい頃となりました。
皆様にはお変わりなくお過ごしの事と、お慶び申し上げます。

今年もエーテルの4回目のジュエリー展をご案内させて頂きます。
作品に、少しは自分達のカラーが出せてきたように見えました。

これからも一層精進して、魅力的な作品を発表するよう努力していくことと存じます。
ご支援の程、宜しくお願い申し上げます。

万葉洞店主 関谷徳衛



謹啓 新緑の候、皆様におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
この度、銀座にて第4回【Etherジュエリー展示会】を開催する運びとなりました。
これも偏に皆様のご厚情の賜物と感謝しております。
今回の新作はエーテルの得意とする透かし細工を施したシリーズに加え、シンプルでモダンな新しいラインに挑戦いたしました。
ご多忙中のところ誠に恐縮に存じますが、この機会に是非ご来臨賜り、ご高覧下さいます様謹んでお願い申し上げます。
敬具

田村謙一 関谷晶子



ether2016-03.jpg

ether2016-05.jpg

ether2016-06.jpg

ether2016-07.jpg
ether2016-04.jpg

ページの先頭へ